Disaster Recovery Public Housing for Fishing Villages in Peninsulas, Kamaishi City / 釜石市半島部全浜災害復興公営住宅
設計:釜石アーキエイド共同企業体
Kamaishi,IWATE
2015

DATA
Design / Kamaishi-ArchiAid, Special Joint Venture
Structure / W structure
Main use / Public Housing
Areas / Oishi, Tonikatagishi, and Arakawa
Photo / 繁田諭

釜石市の半島部に分散する、東日本大震災の津波で被災した14の集落のための復興公営住宅225戸(当初想定戸数)を計画するためのプロポーザルが2012年秋に行われ、上閉伊・AA特定共同企業体が選定された。上閉伊・AA特定共同企業体は地元の設計チームと牡鹿半島の漁村の復興計画立案の経験を持つ建築系大学/設計事務所チームからなるJVである。 複数の事務所で複数の集落を担当する方針から、AAEは他の2つの事務所と協働で大石地区、唐丹片岸地区、荒川地区の3地区を担当した。 集落ごとに住民のヒアリングやワークショップを行い、生活の様子や地域の微気候の把握に努め、居住者同士の自然な声掛けや見守りによる持続可能なコミュニティ形成を重視した。また、将来的な払下げの可能性まで見通した維持管理に配慮し、2間または1.5間を基本架構とした在来工法を原則としている。 被災地における建設費高騰の影響により、最終的には4地区21戸は竣工したが、その他の10地区はキャンセルとなり、デザインビルド方式によって再発注が行われた。

As part of ArchiAid’s project to reconstruct fishing villages on peninsulas in Kamaishi City affected by the Great East Japan earthquake, A.A.E. collaborated with two architectural firms and built public housing for the people of three fishing villages. The design of the houses and the site layout reflect the understanding of lifestyles and microclimates gained from interviews and workshops with locals. The priority was to recreate communities where villagers could spontaneously interact and look after each other. The conventional building methods and framework modules (2.7 x 2.7 m [8.9 ft] or 3.6 x 3.6 m [11.8 ft]) were applied, so that the housing will be maintained with ease even after its potential sale by the municipality.