STH-OBUSE House / 小布施の住宅
Obuse,NAGANO
1999

DATA
Site area / 1098.70㎡
Building area / 200.32㎡
Total floor / 250.34㎡
Structure / RC structure
Main use / housing complex

長野市内から電車で30分程離れた小都市近郊に建つ個人住宅である。敷地は都市修景計画で有名な市街地に隣接した分譲宅地の一角にあり、敷地内の南側には施主自身の医院が建っている。市街地内が伝統的な日本の街並空間を持っているのに対して敷地周辺は新興住宅地のありふれた風景が広がっているが、まだ所々に農園や空地が残っており地域全体がゆったりとした環境を持っている。家族構成は夫婦+子供二人で、施主からの要望は医院用も含めた12台の駐車場、キッチンからユーティリティ~洗面室~浴室までの作業動線の簡素化、収納の確保等の他に中庭的な外部空間への開放性と採光への配慮が求められた。 町屋が連続して生み出される街並風景と周辺環境を参照して、異なる用途が混在することで空間が分断されるのではなく、場を共有しながら連続していく空間構成をイメージして計画を行なった。医院と住宅の間には共有空間として中庭を設け、駐車場を敷地に沿ってL型に配置した。車路をアプローチ空間として敷地内に引き込み、建物を正方形平面状のふたつのヴォリュームに分割している。2階にはアプローチから続く動線が内部空間と一体化して伸びて行き、そこにちりばめた様々な風景を繋ぎ止めるシステムとして雁行平面を採用した。2つのヴォリュームを横断して南北に伸びる雁行平面の上には不整形に折れた屋根スラブを架けている。 構造形式は薄肉ラーメン構造を採用し、壁とスラブは同じ厚さで柱、梁を内包している。箱状のヴォリュームに雁行平面を組み込むことで切り取られた外部空間をつくり、各々の性格を持つテラスとして内部に連続させている。雁行平面と屋根スラブの変形によって内部空間にはヒエラルキーが生み出され、それぞれの場が外部空間を共有しながら一体化すると同時に境界をあいまいにしている。また切り取られた外部空間は中間領域として周辺環境と内部を繋ぎ止める役割を果たしている。

A thirty-minute train ride away from Nagano City, this house sits in a corner of a multi-family residential lot adjacent to a small city, famous for municipal landscaping to preserve traditional Japanese scenery. While the house is amid a typical new residential townscape, the region retains its calm, dotted around with farms and vacant lots.
The house is intended for a family of four. Planning conditions encompassed parking for twelve cars, including those for the client’s medical clinic at the southern end of the site; simple movement from kitchen to utility to lavatory to bathroom; ample storage; spaces that open onto an exterior, such as courtyards; and a light-filled interior. Echoing the city’s neat rows of traditional townhouses and contrasting the townscape surrounding the house, this project aimed to embody the continuity of spaces that can be used for various activities.
A driveway from the road leads into the first floor between the house’s two square volumes. These volumes are bordered by an L-shape parking space abutting the two perpendicular edges of the site, where a shared courtyard adjoins the house and the clinic. The first floor flows into the second floor where rooms zigzag, stretching from north to south, to frame the outside scenes from various viewpoints. Using this zigzag, three distinct terraces were inserted to function as spaces between interior and exterior.
Capped with an irregularly-angled roof slab as wide as walls, this thin-walled RC structure encases beams in the slab, and pillars in the walls. It is this form – zigzag and bent-roof – that defines the hierarchy inside, engaging each space with the other and with the exterior, blurring boundaries.

「新建築 住宅特集1999年8月号」