Cat Building / キャットビル
Shibuya, TOKYO
2006

DATA
Site area / 283.96㎡
Building area / 198.53㎡
Total floor / 851.88㎡
Structure / S structure
Main use / shop
Photo / ナカサアンドパートナーズ

敷地は明治通りから分岐して表参道へ抜ける、通称「キャットストリート」と呼ばれる通りの入口にある。渋谷方面には高密度な中高層ビルが立ち並び、キャットストリート方面は小規模な商業施設が密集していて、アーバンからヒューマンなスケールへと移り変わる境界のような場所性をもつ。また、交差点に面していて、3方を道路で囲まれているため、建物はあらゆる角度から多焦点的に視線を注がれる。不整形な敷地形状に、都市計画道路や様々な形態規制がかかり、外郭ヴォリュームは半ば自動的に立ち上がった。錯綜する規制ラインを可視化するヴォリュームは乱暴で不恰好だけれども、見方を変えれば現代都市のアノニマスな形態のようなものである。この乱暴さを残しながら、ダイナミックな都市の様相とヒューマンな地域性に呼応するテナントスペースの在り方を探っていった。 まず、外部からの視線を考慮して、ずらしながらヴォリュームをえぐり取ってヴォイドをつくり、フロア毎に周辺環境との個別の関係性をつくりだすことを試みている。えぐり取った部分は各テナントの顔=ウィンドウとした。ずらすことでウィンドウはそれぞれ自立していて、街のある一点からガラス越しに全フロアを見通すことができず、人の動きに合わせて内部のアクティビティがかわるがわる表出していく。内部と周辺の関係も一様ではないので、アクティビティの表出は多様化するだろう。多角面な外壁に採用したカラーステンレスパネルは光の受け方で色味が変わり、天候や時間によっても表情を変える。ゆらゆらと不均質に光や風景を写し込み、街並みと緩やかな呼応関係をつくりだしている。

At the gate of Cat Street (which branches from Meiji-dori and extends to Omotesando) stands this polyhedron, marking the midway of the urban to human scale between Shibuya, packed with mid- to high-rises, and Cat Street, packed with commercial low-rises. Influenced by the irregular site form, designated city planning road, and municipal regulations, the exterior volume almost naturally emerged as a rough, ugly silhouette, which could be seen as an expression of today’s anonymous urban form. Retaining this roughness, this project sought to create rental spaces responding to metropolitan dynamism and human locality.
Factoring in passersby’s gaze from three adjacent roads, the volume of each level was rotated and carved to generate gaps, thereby developing each floor’s unique relationship with its surroundings. The carved surfaces frame tenants’ windows, each permitting the interior view only at certain angles. The activities inside will diversify as occupants move and as interior-exterior relationships unfold.
Clad in colored stainless steel tiles, this polyhedron unevenly reflects light and sky, echoing the weather and streetscape as they change over time.

「GA JAPAN 80」「新建築2006年7月号」掲載