rim
Shibuya,TOKYO
2007

DATA
Site area / 563.53㎡
Building area / 244.32㎡
Total floor / 1972.99㎡
Structure / RC structure
Main use / apartment
Photo / 鳥村鋼一

中低層の住宅がびっしりと建ち並んだ高密度な街のに建つ集合住宅である。求められた高容積を計画するとどうしても高層建物になってしまうため、できるだけコンパクトな平面形状にして周囲への日影の影響を抑えると共に、残された空地によって連続した周辺環境を保ちたいと考え、五角系の塔状ボリュームを採用した。この五角形平面は隣接地から適度な距離感を確保できるので、すべてが角部屋となるように5つの住戸を環状に配置した。放射状に伸びるスター型の構造コアに共用部と主な水廻りを設けることで、全方位に平等に開くことを可能にしている。外周部はランダムな袖壁付き格子リブフレームによるチューブ構造として、住戸ごとに3カ所の窓を設けた。また、リブフレームはベンチやテーブル、収納などの利用を想定している。ひとつひとつの窓辺と生活の振る舞いとの関わりを考察し、その集合として全体性のスタディを重ねていくうちに、住戸という単位が外観から希薄になり、いろいろなサイズの窓だけが現れるようになっていった。それは、居住者の生活全体をひとつの単位とした集合のあり方ではなく、街並みを眺めたり、食事をしたり、お気に入りのものを飾るなどの生活の部分を単位とした集合である。窓辺に現れる多様な個人性の集積が、街の情景の豊かさを支えるのではないだろうか。

Studded with windows, this pentagonal multi-family dwelling is a friendly presence to a residential townscape dense with low- to mid-rises. The brief called for a height to contain a specified volume; so, to maintain the neighborhood’s living environment that could otherwise be enveloped in shadow, the pentagonal volume with a minimum footprint was selected. Carving out an on-site open area, the volume permits the wind and view to pass through from one end of the site to the other while keeping a distance from adjoining sites. The pentagonal shape served well for arranging each apartment to fan out toward each corner, inserting communal spaces, bathrooms, and kitchens (where possible) between radial core walls. The building’s five sides constitute a structural tube supported by a seemingly random grid of ribs. These ribs, protruded inside, mount differently-sized windows and provide benches, counters, and storage. By studying the relationship between windows and daily activities, a vision of various windows choreographed on the skin emerged, dissipating the image of the building’s appearance being linked to each unit. These windows represent a collection of life scenes by the window – looking outside, dining, and placing favorite objects. The underpinning is an idea that the windows reflecting occupants’ personalities will enliven the townscape – the idea that is also the capstone of the amiable design adding to the towns’ scenery.

「GA JAPAN 84」「新建築2008年2月号」「ABITARE485」(ITALY)掲載