ZAIMOKUZA House / 材木座の住宅
Kamakura,KANAGAWA
2003

DATA
Site area / 110.29㎡
Building area / 43.56㎡
Total floor / 82.76㎡
Structure / W structure
Main use / housing
Photo / ナカサアンドパートナーズ

夫婦ふたりのための小さな住宅で、敷地は材木座海岸近くのミニ開発によって造成された分譲宅地の一角にある。設計時はまだ造成中で、周囲は住宅展示場のように様々なデザインが競い合う風景となることが予想された。まず周囲の建ち方を慎重に想定して、視線の抜ける方向を模索しながらボリュームスタディを行っていった。内部は生活の行為を包含するワンルーム的な平面ではなく、行為を分節し、各々にスペースを与えて再編成することを試みた。各スペースは建て主が既に所有していた家具や趣味を手掛かりとして広さやヴォリュームを設定した。それらを立体的に組み合わせて、その相関性と連続性の操作によって、小さな空間の中に幾つものシーンが広がる多様性の獲得を目指した。こうしたスタディと打合せを重ねながら1階にサーフボードを置く土間のようなスペースを設けること、屋上テラスをつくること、部屋から少しでも海が見える場所をつくること等の条件が整理されていった。 最終的に建蔽率一杯に広げたシンプルな立方体を壁面後退線に合わせて配置する案を採用した。周囲の建物と適度な間隔を保ち、風景に取り込まれることなく、道路の奥に素っ気なく建っている。内部は正方形に近い平面形状の外郭に沿って各スペースを配置することで中央に小さな吹抜けを有している。吹抜けを巡って床がスキップすることで各スペースがつながったり、少し距離を持ったりしている。そして吹抜けに面した2面にガラススクリーンを設けて各スペースの独立性を高めている。 グレー色のガラススクリーンは周りのスペースや光や窓からの風景を写し込むツルツルとした平面で、光の状態や動きと視線に呼応して次々に表情が移り変わっていく。スクリーン越しに見える各スペースも、ダイレクトに見る光景と違って、むしろ写り込みと等価に見えてくる。これらの映像がオーバーレイ効果によって錯綜し、境界面として現れる。各々のスペースは距離とこの映像的境界面によって僅かにプライバシーがつくり出されている。

A little cube for a couple, this house near Zaimokuza Beach sits in a corner of a small residential site, which was still under development when this house was planned. Given that housing of various designs would be built around the house, a volume study included locating orientations that would offer unobstructed views.
This cube is a result of assigning spaces to activities, and then assembling the spaces into a house. These spaces, sized in reference to the client’s furniture and belongings, are linked to have continuity in three dimensions, thereby seeking to embrace various life scenes in the cube.
Design conditions encompassed: a ground-floor surfboard storage doubling as a multi-purpose area similar to a doma (an earthen floor functioning as a space between indoor and outdoor in traditional Japanese houses); a roof terrace; and a room with an ocean view, however minimal.
Utilizing a maximum building-to-land ratio, this slightly oblique cube is set back as far as municipal regulations permit. Spiraling around an open core, floors “skip” onto split levels. Facing the core are two large grey glass screens, reflecting the constant movement of light and views of the interior and exterior. The glass surfaces meld reflected scenes with filtered scenes into new images. These surfaces add a little sense of privacy to the mostly open spaces divided by distance. Well-positioned among neighboring buildings, this house simply stands toward the end of the road without ever sinking into the background.

「新建築住宅特集2003年12月号」「Lives3月号」「賢者のリフォームvol.1」「建築知識2004年7月号」「PEN no.133」「JAPAN HOUSES」掲載