FLEG Daikanyama
Shibuya,TOKYO
2005

DATA
Site area / 481.84㎡
Building area / 288.87㎡
Total floor / 769.39㎡
Structure / RC structure
Main use / office,shop
Photo / ナカサアンドパートナーズ、小川重雄

商業系の地域から少し路地に入った住居系の地域に敷地があり、既存の過密な住環境に対してどのように折り合いをつけて商業施設をつくるかがテーマだった。2面の白いコンクリートの堅い壁を南北に建てて近接するマンションに対しては閉じ、東西の2面を大きく開くこととし、建蔽率60%によって得られた空地率40%を利用して、敷地間口一杯にオープンスペースを設けた。パブリックな道路レベルは各区画へダイレクトにアクセスできる立体的な広場空間とし、プライヴェート性の高い上部にはコケパネルを載せたグリーンビームを架けて、住環境と商業空間を繋ぐバァッファとした。このオープンスペースは内部からは限りなく専用部分としてイメージされる「外部」であり、都市への接続部である。活動領域(専有部)からはみ出した「外部」の使い方を考えることは、自らのアクティビティを少しだけ拡張していく可能性を秘めているし、シンプルに楽しい。そして、使い手を喚起する「外部」の創造性は、通りを歩く人や周辺地域からの眼差しを受け止め、発展的に波及し、魅力的なヴォイドとして共有されるであろう。内部にも都市にも属さないこの「外部」の探求が、その後のプロジェクトへと続くこととなった。

The challenge was to build a commercial property in a dense residential area (near a business district), mediating between the property’s commercial and the area’s residential dispositions. With the white walls on the north and south shutting out the adjacent views of apartment houses, the building is open toward the east and west. The façade is an entry plaza, realized by taking advantage of the 60% building-to-land ratio imposed on the plot, which required 40% of the plot to be open. Posing as a public domain, the façade consists of stairway passages leading into each tenant space on different floors. The midair above the passages is defined by green planters, a buffer zone between commercial and residential. Viewed from inside, the façade and midair area constitutes tenants’ common space connecting to the city. Imagining the use of the outside space is simply enjoyable and potentially extends the interior activities into the city. When implemented, the imagination will make the façade more appealing as a plaza that arrests the attention of passersby and the local community. A study of mediation, this project entailed the exploration of a communal outside space ambiguously belonging to both tenants and the wider community – a pursuit that continues in the architect’s further projects.

「GA JAPAN 73」「iA 01」「THE ARCHITECTURAL REVIEW 2007/12(UK)」「TASARIM 2008/01(Turkey)」「ARCHITEKTURA 2008/05(Poland)」「GARDEN CITY」掲載