Wakanoura Art Cube / 和歌浦アートキューブ
Wakayama, WAKAYAMA
2003

DATA
Site area / 3249.14㎡
Building area / 1064.18㎡
Total floor / 528.87㎡
Structure / RC structure
Main use / hall,gallary,studio

地域の文化芸術活動を支援・育成し、見失いつつある地域アイデンティティの再構築とコミュニティの活性化を目指すアーツセンターである。「ここに何をつくるか?」からスタートし、住民と協働してハード・ソフト共に計画を行った。施設全体は「セル」と呼ぶ小さな箱を分散して配置している。眺望の良い北東角にホール機能を有した「セル」を置き、2面を全面開放した。自然光に満たされたおおらかな空間で、周囲の風景を取り込むことで様々な演出を試みることができる。他の「セル」はホール棟をL型に囲むように配置して、その間を人々が自由に通り抜け、溜まれるように計画している。このオープンスペースは風や視線が抜け、アトリエ内部の様子がうかがい知れるインティメートな街空間であり、アトリエ利用者には中庭的な広場として活用されている。

A composition of rectilinear “cells,” this art center project – aiming to cultivate art and culture, enlivening the local community while rebuilding its almost forgotten identity – is a result of collaborative brainstorming with locals. To the northeast, where a view expands, is a performing arts hall “cell.” As the copper boards clad in a pleated glass skin rotate, separating into fins, the hall becomes open toward the north and east (belying the expectations to performing arts halls, which are typically concealed), infusing the interior space with light and a relaxed feel. This allows the space to flow outdoors, engaging the natural landscape with the stage background or extending a stage or audience seats onto the lawn abutting the facades. The hall “cell” is flanked by the gallery and studio “cells” arranged in an L shape, leaving the open, airy passage in between to stroll and perceive activities inside these galleries and studios. The passage is also used as an organically shaped courtyard for artists to come out of galleries and studios to interact with each other and with the community – reflecting a successful collaboration with locals.

「GA JAPAN62」「新建築2003年05月号」「日経アーキテクチャア2003年5-12号」「建築知識2003年10月号」「建築文化2003年10月号」「ディテール170」
「JA65 PARALLEL NIPPON」「ディテール07年3月号別冊」掲載