ALPHA MATRIX Building / アルファマトリックスビル
Ginza, TOKYO
2008

DATA
Site area / 280.69㎡
Building area / 213.64㎡
Total floor / 2247.81㎡
Structure / S structure
Main use / office,shop

ーコードとアクティビティの両義的様相ー
敷地は銀座の大通りからワンブロック入った裏通りにあり、店舗対応を想定したスケルトンビルの計画が依頼された。通りの街区は、一定の与件を満たすことで容積率と道路・隣地斜線制限の緩和を受ける、いわゆる銀座ルールの適用範囲内にあり、近い将来、道路幅員11m に対して高さ40m の建物が立ち並ぶことが予想される。建物と街区環境の絶望的な距離感から、寡黙で巨大な連続壁面をブレイクスルーするために、 穴を穿つというシンプルな行為へ繋がっていった。そして、正対する視線を受け止める立面ではなく、見上げの視線を考慮した、多数の穴による見込み面の連続がつくるファサードの佇まいが浮かんできた。 シリンダーの大きさは、丁度人が入るような身体的スケールにするとシリンダー内部の現象が認識しやすくなり、外観においても周囲と異なる固有のスケールを生みだす。また、シリンダーの内面が刻々と移り変わる内外の行為を映し込むことで、スクリーンは多種多様性を備える現代都市の様相集合体として街並みに立ち上がる。都市コードとアクティビティの両義的様相として現れるファサードが、銀座という特殊コードをもつ街区環境の発展的更新を喚起して欲しいと思う。

When commissioned to build a commercial building located on an alley one block away from the main street in Ginza, where the fit-out was out of scope, the response was to feature a bubbly façade. Due to the “Ginza Rules” (which would permit a higher floor-area ratio and lenient setback regulations from the adjacent sites and roads for a planned structure meeting certain conditions), the 11-m (36 ft) wide alley was expected to see a row of 40-m (131 ft) high buildings before long. A solution to break the impression of a row of monolithic mass was found in piercing holes, which inspired the façade of continuous holes to attract view from the street. Each hole was scaled to fit a person in the circle, the size large enough for unique appearance and for the reflection within the cylinder to be recognizable. Mirroring changing activities inside and out, the façade, an architectural response to the urban factor, ascends as a collection of contemporary urban scenes.

「GA JAPAN 92」「新建築2008年6月号」「PLUS 2009.2」(KOREA)「bob 058」(KOREA)掲載